読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bitbucketの使い方メモ

Mercurial bitbucket

基本的なこと、サインインとかpush/pull/forkは大抵書いてあるけど、forkしてから先の事とかを書いてるサイトが見つからなかったので、メモしておく。

fork元の変更をpullする。

bitbucket上でやるのかと思ってたけど、違うみたい。

まずはforkしたリポジトリのローカルリポジトリで、fork元のURLを指定してpullする。その後pushするだけ。

CD WORK_DIR
hg pull https://yourname@bitbucket.org/fork_source
hg push

もちろんローカルだけに変更を留めておきたいなら、pushしなければいい。

trac-post-commit-hookみたいなことをやる。

デフォルト設定だとできないので、以下のURLを参考にする。

http://confluence.atlassian.com/display/BITBUCKET/Setting+Up+the+Bitbucket+Issues+Service

まずはリポジトリのadminタブwクリックする。そうすると「Additional options/settings」というブロックが表示されるので、「Services」をクリックする。

「Services Administration」というブロックで、コンボボックスから「Issues」を選択して「Add service」をクリックする。

これでコミットログに以下のように記述すればいい。はずなんだけど、たまに失敗してる?

fixes #4711 #チケットのクローズ
reopening #4711 #チケットの再オープン
refs #4711 #チケットへの参照